亜鉛

アサヒから出ているスーパービール酵母を試してみました。


ビールを発酵させる際の酵母には栄養素がたくさん詰っているらしく、
そこに亜鉛を加えることでサプリメントとして販売しています!

 

1瓶に660粒も入っていて1日15錠を飲むのでそこそこ
コストパフォーマンスは高いと思いますね。  

しかし、1粒が結構大きいので飲みづらいのが玉にキズ。
肝心の効果ですが、精液の量も増えますが、それよりも濃度が増しますね!
精子が増えたのかドロっとした感じになります。
私の場合は、1週間程度で効果は出てきました!!

 
赤ちゃんが欲しい方も試してみると良いかもしれません。

  そろそろ、うちも・・・

  と考えているので、スーパービール酵母zで、良い結果が出たらお知らせしますね!

  今ではコンビニエンスストアでもファンケルやDHCといった大手企業の亜鉛のサプリが販売されていますが、
個人的には気休め程度でしか無い、と思っています。

  なぜなら、亜鉛の日本の厚生労働省が設定している推奨摂取量は一日あたり20mgとしていますが、
実際のところ、それでは全く不足しているからです。

  その点、この商品は効果も見えやすく、本当の意味での
精力が増している事が実感できると思いますのでオススメですよ。

  また、亜鉛は皮膚髪の毛に必須のミネラルですから、
定期的に摂取すると良いと思います。

>>スーパービール酵母Z 660粒はこちら
亜鉛には、「人体に有害なミネラルを排出を促進し、吸収を妨げ、痒みの物質であるヒスタミンの生成を抑える働きもある。」といわれており、亜鉛がアトピーの症状改善に役立つのでは?
と考えられています。

また、アトピーの原因の1つとも言われる活性酸素(SOD)を抑える効果も亜鉛は持っていることから この様な話が出ているのだと思います。
そもそも、丈夫な皮膚を生成するのに亜鉛は欠かせないミネラルですので、 摂取することでデメリットはありませんね。
亜鉛は、毒性が極めて低いと言われているので、過剰摂取になることはあまりないと思われます。
1日平均が15mgと言われていますが、アメリカのビタミン錠剤では1粒100mgはザラにあります。
逆に日本のサプリ企業が厚労省に配慮しているのか、貧弱に思えるくらいです。
それくらいの摂取は問題ないということだと思います。
(あくまで個人的意見です。)

一説では、汗を大量にかくと3mg程度、1回の射精で約1~7mgの亜鉛を消費する という話もあるので、多少多めに摂取しても問題はないと思われます。

あり得ませんが、1日当たり1,000mg以上摂取するうと急性中毒が発症する、というデータもあります。 念のため。
亜鉛は吸収率の悪い栄養素の一つと言われており、実際に摂取した量の全てが吸収・活用されるというわけではありません。
吸収率を上げるには、ビタミンC、クエン酸等が含まれる食材と亜鉛を一緒に摂取すると、
 吸収率が大幅にアップする事を覚えておくといいでしょう。
 例えば、カキフライや生ガキにレモンを絞って食べる、なんてのはイメージしやすいですよね。

サプリメントの場合は、 特殊なアミノ酸を結合させる「キレート加工」を行なっているかがポイントです。
サプリ先進国のアメリカでは常識ですが、「キレート加工」を施していると、吸収率が違います。
特に亜鉛は吸収率が低いですので、サプリメント購入の目安にすると良いでしょう。
(日本製のものはキレート加工されていないものが多いようです。)
また、吸収率は、年令によっても変わります。
年を重ねる毎に吸収率は悪くなる傾向にあるようです。

逆に吸収率を悪くする成分は食物繊維やアルコールです。
これらを含む食品を食べるときは、意識的に多く亜鉛を摂取することを心がけるとよいでしょう。
亜鉛が不足すると、抜け毛が多くなったり、髪の毛自体が細くなったりします。
髪の毛の表面にあるクチクラと呼ばれるウロコ状の物質が異常を起こしてしまい、
髪の毛が弱くなっているためです。このことからも、亜鉛が健康な髪の構成成分になる事がわかると思います。
髪の毛が弱くなると髪も抜けやすくなりますし、一般的に髪の毛が細くなると薄毛に見られがちですので、 頭が気になる方はサプリメント等の摂取をおすすめします。
・タンパク質を作る。
 肌、筋肉、髪の毛・・・ 人間に必要な臓器を作るのに必須のミネラルです。亜鉛をアミノ酸が結合して蛋白質の構成を安定的に保つことで、タンパク質の合成や代謝の促進等の非常に重要な働きをします。
特に外見で目立ちやすいお肌や髪の毛に大きく関わるミネラルですので、 積極的に摂取すると良いと思います。

・重要ホルモンの生成
 亜鉛はインスリン,テストステロンなどの重要なホルモンの形成に関与しています。
 インスリンの作用である、糖代謝に亜鉛は不可欠と言われていて、糖尿病の改善に亜鉛は有効と言えます。

・精子の生成
亜鉛は、男性は精子の生成に必要で、精液にも多く含まれています。
亜鉛を摂取すると精力が高まるわけではありませんが、前立腺の機能や生殖能力とは関係していて、 亜鉛がセックスミネラルと呼ばれる所以でもあります。
食品では特に魚類、肉類、穀物に含まれています。

[亜鉛を摂ることのできる食品]
魚類:牡蠣(カキ)、うなぎ、
肉類:牛肉(もも肉)、レバー(豚・鶏)
穀物:大豆、納豆、きな粉、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、抹茶、カシューナッツ、アーモンド、黒米、赤米 乳製品:チーズ、卵黄、

1日に必要な亜鉛の量は、15mgです。
例えば、牡蠣だと2粒食べると1日分が補えますが、現実は難しいと思いますので、 サプリメント等で補給することをオススメします。

また、亜鉛は様々な食物に含まれているものの熱に弱く壊れてしまう点を考慮しても サプリメントでの補給をオススメします。
亜鉛は微量金属で、人間の身体に欠かせないミネラルです。
亜鉛は、体重60kgの成人の体内に約2g存在します。
主には血液中に存在し、残りは各臓器や皮膚に存在しており、男性の場合は、特に前立腺に多く存在します。

亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルで、
男性に特に必要なミネラルと言われています。

男性の性機能にも影響し、亜鉛は、セックスミネラルとも言われています。
亜鉛は精子を作る為に必須で、テストステロン(男性の性欲に関わる)にも関係しています。
そのため、亜鉛が不足すると男性の生殖能力の低下を引き起こすことになります。
また、女性の生殖機能にも関連があります。

亜鉛不足になると、成長期の子供の発育に問題が生じたり、 舌の味覚細胞の働きが悪くなり、味覚障害になったりします。

亜鉛は肌にも関連しており、ビタミンCやコラーゲン生成を行い、活性酸素の働きを抑えるのことで肌のシミを抑えます。
亜鉛不足は、皮膚や髪の毛などの生成にも影響を及ぼします。