ガラナの成分

      ガラナの抽出物であるガラナエキス。
      ガラナエキスは、多くの 精力剤 に含まれている成分です。
      主成分はカフェイン、テオブロミン、デオフィリン、タンニン、d-カテキン等です。
      特徴は、カフェインの含有量です。 ガラナに含まれるカフェインの含有量は、コーヒーの3倍以上と言われていて、ガラナの主旨には8パーセントのカフェインが含まれています。 (コーヒーは約2パーセント。)
      カフェインは興奮剤や、鎮痛剤などの薬として使われてきた貴重な成分です。
      カフェインの含有量が非常に高いガラナを取ることで、興奮作用が働きます。
      ガラナエキスには興奮剤の他にも 鎮痛効果、疲労回復の効果、鎮痛効果、滋養強壮効果、解熱効果、があると言われています。